Now Loading...

ナインイレヴン 運命を分けた日
ニューヨーク出身のチャーリー・シーンとウーピー・ゴールドバーグ、そして、ジーナ・ガーション、マルティン・ギギ監督といったこの街を愛するスタッフキャストが、実話を基に9.11を内側から描いた衝撃の物語を映画化するために立ちあがった。2001年9月11日、NYワールドトレードセンタービルで起きた米同時多発テロ事件は、アメリカと世界に大きな衝撃をもたらした。この運命の朝を境に、世界は、テロを起こす側と起こされる側に分かれ、人種や宗教への不理解の溝は埋まることなく、新たなテロ戦争へと突入していく。同時多発テロという悲劇を前に一度は団結したアメリカは、16年が経ち、9.11の記憶が薄れた今、分断の渦中にある。本作は、歴史の分岐点でもある大事件を題材にしながらも、パーソナルな物語にフォーカスすることで、現代の世界が抱えている問題──自国主義、テロリズム、人種、移民、経済格差、性差別といったことから、家族の愛という人間の深部までを浮き彫りにしていく。たくさんの約束が守られず、果たされなかった日。だからこそ、本当に大切な人に気づく瞬間を鮮烈に活写させることで、単なる映画としてだけでなく、犠牲となった人たちの想いを掬いあげる時間へと昇華させた、魂に語りかける人間ドラマとなった。

2001年9月11日、ニューヨーク。ワールドトレードセンタービルのエレベーターに偶然乗り合わせた、ウォール街の実力者ジェフリー(チャーリー・シーン)と離婚調停中の妻のイヴ(ジーナ・ガーション)、バイクメッセンジャーのマイケル(ウッド・ハリス)、恋人と別れに来たティナ(オルガ・フォンダ)、ビルの保全技術者のエディ(ルイス・ガスマン)の5人。突如、ビルに飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はインターコムを通じて話せるオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。崩れ落ちるビルと恐怖と闘いながら外への逃げ道を探しながらも、それぞれの人生を振り返る5人。そんな彼らが極限状態で下した決断とは──。
2001年9月11日、早朝。ニューヨークのワールドトレードセンタービル・ノースタワー内。二人の男女が、とある弁護士事務所で離婚調停中だ。夫のジェフリー(チャーリー・シーン)は、ウォール街の億万長者。家庭より仕事優先で世界中を飛び回っていた。17年連れ添った妻イヴ(ジーナ・ガーション)は、そんな身勝手な夫に失望し、離婚を決意。離婚したくないジェフリーは必死で妻を説得しようとするが結局は口論になるばかり。
バイクメッセンジャーのマイケル(ウッド・ハリス)、美しく着飾ったティナ(オルガ・フォンダ)、ビルの保全技術者のエディ(ルイス・ガスマン)、そしてジェフリーとイヴの5人は偶然同じエレベーターに乗り合わせる。
突如、ビルに正体不明の飛行機が激突し、彼らは北棟の38階辺りに閉じ込められてしまう。外部との唯一の通信手段はインターコムを通じて話せるエディの同僚でオペレーターのメッツィー(ウーピー・ゴールドバーグ)だけ。彼女からアドバイスを受けながら脱出の方法を探るエディたち。
彼らは、崩れ落ちるビルと恐怖と闘いながら外への逃げ道を探す。そんなとき、奇跡的にイヴの母ダイアン(ジャクリーン・ビセット)から電話が鳴り、イヴは自分たち夫婦が閉じ込められたことを伝える。やがて5人は極限状態の中、それぞれの人生を振り返る。
改めてイヴの存在の大きさを感じたジェフリーは、イヴに約束をする。
「二度と淋しい想いはさせない」
そんな彼らが極限状態で下した決断とは──。
1965年生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。父はマーティン・シーン。9歳から子役として活躍。『ヤングガン』(88)のヒットにより一躍スターの座を掴む。主な映画出演作は、『ルーカスの初恋メモリー』(86)、『プラトーン』(86)、『ノーマンズ・ランド』(87)、『ウォール街』(87)、『メジャー・リーグ』(89)、『ハートに火をつけて』(90)、『ルーキー』(90)、『ホット・ショット』(91)、『三銃士』(93)、『ザ・チェイス』(94)、『ターミナル・ベロシティ』(94)、『マルコヴィッチの穴』(99)、『最’狂’絶叫計画』(03)、『マチェーテ・キルズ』(13)などがある。2015年HIVに発症はしていないが感染したことを公表。
1955年生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身。『ゴースト/ニューヨークの幻』(90)でアカデミー助演女優賞、ゴールデングローブ助演女優賞を受賞。『天使にラブ・ソングを・・・』(92)で主役を務め、世界中にその名を広めた。主な映画出演作は、『ザ・プレイヤー』(92)、『サラフィナ!』(92)、『メイド・イン・アメリカ』(93)、『コリーナ、コリーナ』(94)、『ムーンライト&ヴァレンチノ』(95)、『ゴースト・オブ・ミシシッピー』(96)、『17歳のカルテ』(99)、『デブラ・ウィンガーを探して』(02)、『トイ・ストーリー3』(10)、『ミュータント・タートルズ』(14)などがある。
1962年生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身。ニューヨーク大学で学ぶ。主な映画出演作は、『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』(86)、『レッドブル』(88)、『ザ・プレイヤー』(92)、『ショーガール』(95)、『バウンド』(96)、『フェイス/オフ』(97)、『ルル・オン・ザ・ブリッジ』(98)、『写真家の女たち』(99)、『インサイダー』(99)、『ドリヴン』(01)、『P.S.アイラヴユー』(07)、『ライアー・ハウス』(12)などがある。
1957年生まれ、プエルトリコ出身。ニューヨーク育ちのアメリカの俳優。スティーブン・ソダーバーグやポール・トーマス・アンダーソン作品の常連。主な映画出演作は、『ブラック・レイン』(89)、『ブギーナイツ』(97)、『スネーク・アイズ』(98)、『イギリスから来た男』(99)、『ボーン・コレクター』(99)、『マグノリア』(99)、『トラフィック』(00)、『パンチドランク・ラブ』(02)、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』(04)、『夢駆ける馬ドリーマー』(05)、『ローグアサシン』(07)、『ブライド・ウエポン』(14)などがある。
1969年生まれ、アメリカ合衆国イリノイ州出身。主な映画出演作は、『ノンストップ・ガール』(00)、『タイタンズを忘れない』(00)、『ベイビー・メイク 私たちのしあわせ計画』(12)、『ジャッジ・ドレッド』(12)、『アントマン』(15)などがある。
1982年生まれ、ロシア出身。モデルとしても活躍中。主な映画出演作は、『リアル・スティール』(11)、『Xibalbaシバルバ エイリアン・オブ・マヤ』(16)などがある。
1944年生まれ、イギリス、サリー州出身。イギリスを代表する国際派女優。『ブリット』(68)で一気にスターダムにのし上がる。主な出演作は、『007 カジノ・ロワイヤル』(67)、『大空港』(70)、『映画に愛をこめてアメリカの夜』(73)、『オリエント急行殺人事件』(74)、『セント・アイブス』(76)、『ザ・ディープ』(77)、『料理長殿、ご用心』(78)、『ベストフレンズ』(81)、『メランコリー』(93)などがある。
1965年、アルゼンチン、ブエノスアイレス生まれ。映画監督、ピアニスト、作曲家、音楽監督、音楽プロデューサー。幼少の頃から合計12年間、ニューヨークで暮らす。アルゼンチンのブエノスアイレスで著名な交響楽団の指揮者を務めるエフレイン・ギギを父に持ち、ニューヨークやプエルトリコ、バーモントで多岐にわたる英才教育を受けた。4歳でヴァイオリンを弾く天才児として知られるようになり、12歳の時にプエルトリコ交響楽団と共に、ニ長調でヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲を演奏しデビューを飾った。映画監督として、「アイ・ソウ・ザ・デビル~目撃者~」(未)など9 つの長編映画と数本のドキュメンタリー映画を監督、さらに16本の脚本や十数本の製作総指揮、20本を超える映画やテレビ音楽、30枚の音楽アルバムを手掛ける。インディペンデント映画や子供向けのテレビ番組の優れた作曲家でもあり、グラミー賞ノミネート、さらにビルボード賞、ASCAP(米国作曲家作詞家出版者協会)パフォーマンス賞、セザール賞、ゴールデンスピリット賞、コンキスタドール賞、エスタブルック賞等で数々の作曲賞を受賞し、多くの音楽祭では監督賞を受賞、更に、ロサンゼルス市より2度も音楽教育における芸術貢献で表彰された。ZZトップのビリー・ギボンズや、ダリル・ホール、シーラ・E、スティーブ・アール、ジェイムズ・コットン、ジミー・ヴォーン、テデスキ・トラックス・バンド、ウォーレン・ヘインズ、ルシンダ・ウィリアムズ、グレイス・ポッター、ジョン・ポッパー、ロバート・ランドルフ、フィッシュ、ホセ・フェリシアーノ、スモーキー・ロビンソン、デヴィッド・バーン等という一流のアーティストたちと仕事をした。サンセット・ピクチャーズの共同創設者兼社長、パシフィック・レコードのA&R代表を務める傍ら、児童虐待防止に従事する組織や「陽のあたる教室」財団法人、ウォールストリート・ロック、州兵財団法人のため、定期的にチャリティーコンサートを催す。